整体師は儲かるのか?

今、日本の将来では、若い人が少なくなり、お年寄りでいっぱいになると言われています。
そして今でも、病院やその他の健康になるための機関が、とても注目され人気があることは、
そのことからも言えるのです。そのため、人々の健康に対する考え方も、かなり高くなってきていることが伺えます。

 

そして、人々はできるだけ、どこかに障害が起こらないように、
早めに対処をおこなって、予防医学として体の健康を保ちたいと思っているのです。
ですから、そのひとつとして、体の筋肉などの痛みがあった場合は、
できるだけ自然に治す方法をと考えるのです。そしてその場合は、整体院に行く人が多いのです。それは、

 

以前は病院に行って治療をしてもらい、薬を出してもらうといったことが、
主流でした。しかし、今は人々の健康志向が高まってきて、できるだけ自然に治す方法として、
整体院でマッサージを受けて治すということを考えるようになったのです。

 

 

そのため、整体院はこれからますます、人々の需要があるものなのです。そして、そのマッサージは、
一回ではなくて、通院という形になりますので、その中で、患者さんを獲得できれば、儲かることが必須なのです。

 

また、その治療が良いという評判となればさらに、人が人を呼んでくれることによって、患者さんが増えて儲かることになります。
ですから、これからの自然治癒力を高める予防医学の観点基づいて行われる整体は、大変よい仕事であると言えます。

 

 

 

整体とマッサージの違い

 

 

整体とマッサージとありますが、その違いは一体なんでしょうか。

 

 

 

簡単に言いますと、大きな違いとして、整体師は、民間の資格で、マッサージ師は、
いわゆるよくある按摩マッサージ指圧師という、国家資格があります。

 

整体は、体全体の関節のゆがみやずれを、手足や、補助道具などを使った手わざで、体の不調を
改善していく方法です。
一方、マッサージは、体の表面を揉んで、押す、叩く、さするという方法で、主に、血液の流れやリンパの流れを
良くしていく方法です。

 

マッサージの中でも按摩マッサージは、指圧師の免許が必要です。

 

整体にも、様々な手法、流派などがあり、実際、医院などでは、揉む、さするといった行為に似た
手技が施されているところもあります。
また、この二つは、法的に、きちんと規定されていないので、その違いが非常にわかりにくいものとなっています。

 

マッサージは堅くなった、筋肉をほぐし、血液やリンパの流れが悪くなってしまった部位をほぐして、
さすったりすることで、悪い流れを改善して、不調な症状を改善していきます。
その場合、一時的には、症状が軽くなったりしますが、また、元の状態に戻ることが多いので、
定期的に行う必要があります。

 

一方、整体は、筋肉が堅くなったり、血液やリンパの流れが悪くなる原因を、骨のゆがみや関節のずれと
考えて、そのずれやゆがみを治療することで、症状を改善させます。

 

どちらがいいかは、個人の症状によって変わってきますので、自分にあった方法を選ぶといいでしょう。

 

 

 

整体とカイロプラクティックの違い

 

整体とカイロプラクティックは、よく一緒の知慮法と考えられがちですが、全く異なるものです。
整体は、中国生まれの手技療法をもとに発展してきた治療法、カイロプラクティックは、欧米を中心に発展した治療法です。
またそれぞれ、施術の仕方や、その理論も異なります。

 

整体が、痛みや症状を伴う部分を中心に、施術を行い、痛みや症状を軽減させようとする一方で、
カイロプラクティックは、身体の歪みによる神経系の負担を軽減し、身体の自然回復力を待つという感じです。
身体に働きかけを行うという点では共通していますが、
整体は、骨への施術は行いません。

 

カイロプラクティックは、場合によって脊椎への押圧を行うことがあります。
整体も、カイロプラクティックも、今のところ、国家資格の取得は必要なく、スクールに通うなどして、
それらの技術さえ身につけられれば、誰でもその行為を行うことができるため、健康保険は使えないことになっています。

 

(健康保険が使えるのは、柔道整復士のいる治療院です。)
そのため、施術にかかる費用は、全額自己負担となり、かかる費用もリーズナブルなところから、
高額なところまで千差万別です。

 

痛みや症状に合わせて、どちらを施術を受けるかは、悩ましいところではありますが、
自分にあった施術を受けられるところを、評判や口コミを頼りに、何件かピックアップして、
探して行ってみるのがいいのかもしれません。施術を受けていく中で、自然と自分に合う合わないがわかってくるでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

更新履歴